Home > 環境 > ISO14001関連コース
ISO14001関連コース

ISO14001関連コースは下記のセミナーをご用意しております。
ご希望のコースをご選択し、オンラインからお申込みください。

【LMJジャパン主催セミナー】
【SGSジャパン主催セミナー】

SGSでは、公開講座はもちろん、企業に講師を派遣する講師派遣型研修 も行っております。
詳しい情報について、また、ご質問など、お気軽にご連絡ください。
電話: 045-330-5001
Eメール
以下コースはエル・エムジェイジャパンが主催するコースです。
コース名 \ 月 8 9 10 11 12 1
規格解説セミナー(1日) 広島
5
内部監査員養成講座(2日) 広島
5-6
東京
8-9
環境審査員コース(5日) 東京
14-15,23-25
東京
9-11,17-18


ISO14001規格解説セミナー
【コースの特徴】
規格に初めて触れる方でも十分に理解していただけるよう、ISO14001の歴史的背景や概要、ISO14001:2015の規格要求条項について、事例等を踏まえて分かり易く解説します。座学が中心のセミナーながら、ご参加者の業種を踏まえ、インタビューしながら自身の職種のイメージに合致できるよう双方向形式で進めていきます。

受講対象:ISO14001を基本から学びたい方、内部監査員候補者、EMSを運用する組織に所属する方

本セミナーは、株式会社L.M.J.ジャパンが主催するセミナーへのご参加となります。

ISO14001規格解説セミナー
コース構成 ■ 環境概論 ■ 環境マネジメントシステム ■ ISO9001からISO14001への展開
■ ISO14001要求事項の詳細解説 ■ 環境側面
受講料: ¥29,000(消費税別、昼食費込)
開催時間: 10:00~17:00
開催場所: 東京:LMJ東京研修センター
大阪:大阪市内(中央電気倶楽部)
広島:広島市内(アークホテル広島駅南)
熱海:熱海市内(かんぽの宿熱海、その他リゾートホテル)
2020年
開催日程
日程からオンライン申込みができます!
東京:
大阪:
広島:8月5日


JATA公認 ISO14001内部監査員養成講座(基礎編)
【コースの特徴】
本コースは、当機関の創設者で監査員トレーニングの世界的パイオニアである L. Marvin Johnson が開発し、ISOの各種マネジメントシステム規格の監査技法のベースとなった「ジョンソン・メソッド」を組み込んだ、ISO14001内部監査員となるための基礎的な内容を学ぶ2日間(16時間プログラム)の研修コースです。監査員養成研修では世界で最も歴史があり、実績豊富な研修機関ならではの様々な事例やケーススタディー、永年にわたり培ってきた「ジョンソン・コース」方式のシンジケート作業用い、短期間に効率よく知識・スキルをマスターできる実習を行います。

受講対象:基本的にISO14001やシステム構築・監査ポイントを学びたい方、ISO14000推進事務局、これから内部監に携わる方、審査員コース受講準備として事前に予習をしたい方。

本セミナーは、株式会社L.M.J.ジャパンが主催するセミナーへのご参加となります。

JATA公認 ISO14001内部監査員養成講座(基礎編)
コース構成 (第1日目)
■環境概論 ■環境マネジメントシステム ■ISO9001からISO14001への展開
■ISO14001要求事項の詳細解説 ■環境側面
■宿題/ケーススタディ- ISO14001実践理解のためのシンジケート作業 -
(第2日目)
■ ボードワーク/ISO14001に基づく不適合指摘 ■ISO14001の正しい解釈方法の復習
■環境監査の手順 ■内部監査員に必要な知識と監査技法
■監査報告書/是正処置要求書 ■修了試験
受講料: ¥55,000(消費税別)
※熱海開催は、合宿費用14,800円(消費税別、1泊4食込)が別途発生します
※研修費用には、昼食費が含まれております
開催時間: (1日目) 10:00~20:00 (2日目) 9:00~17:00
開催場所: 東京:LMJ東京研修センター
大阪:大阪市内(中央電気倶楽部)
広島:広島市内(アークホテル広島駅南)
合宿:熱海市内(かんぽの宿熱海、その他リゾートホテル)
2020年
開催日程
日程からオンライン申込みができます!
東京:10月8日-9日
大阪:
広島:8月5日-6日


IRCA認定 ISO14001環境審査員コース(5日間)
【コースの特徴】
監査のパイオニアであるL.マービンジョンソンが確立した監査コースが学べる日本で唯一のコース。
ISO14001環境審査員コース(5日間)は、品質マネジメントシステム監査のパイオニアであり、当機関の創設者であるL.マービンジョンソンが、品質マネジメント監査員や審査員の育成のために作ったコース(通称:ジョンソンコース)をベースにした環境審査員コースです。ジョンソンコースは、欧米の主な認定機関や審査機関の初期の審査員・主任審査員の殆どを養成してきた伝統と実績を誇るコースであり、本コースはそのジョンソンコースを学べる日本で唯一のコースです。

ケーススタディやロールプレイを活用した実践的な研修内容

多くの研修機関の場合、監査技法を学ぶ研修は机上による講義がほとんどであり、実践的な演習といえば、紙面の監査状況から不適合を見つけ、その内容をもとに是正処置要求や監査報告を行うやり方のみという場合が一般的ですが、本コースでは組織の課題の出し方や事前準備の方法、講師を相手にした現場監査での質問や不適合が確認された場合の指導の仕方、是正処置要求、クロージング、審査報告書の作成までを演習にて学ぶ実践的なコースとなっております。

【本コースへの受講をお考えの方】
本コースは、EMS規格(ISO14001:2015)に関する基本知識をご理解いただいていることを前提で講義を展開致します。(認定機関の要求)また、合格するには、EMS規格(ISO14001:2015)に関する十分な理解が必要になりますので、受講前に十分な予習をお願い致します。なお、弊社では、EMS規格に関する基本的知識が習得できる下記研修を実施しております。
(審査員資格申請する上で求められているものではありませんが、事前受講をお勧めしております)

■事前研修(推奨)
受講対象:IRCAへ審査員登録を目指している方、企業内のISO14001環境管理責任者及び候補者の方、認証機関の審査員候補者、ISO14001規格をご理解されている方

本セミナーは、株式会社L.M.J.ジャパンが主催するセミナーへのご参加となります。


IRCA承認ISO14001審査員コース(5日間)
コース構成 (1日目)9:30~20:00
■ISO14001規格の使い方 ■ISO140001/EMSの概要
■監査チェックリストの作成
(2日目)9:00~20:00
■ISO14001規格の使い方(続き) ■ISO14001導入と適用 ■品質監査と環境監査の相違点
■環境科学・環境技術・環境側面 ■環境パフォーマンス評価・LCA、EMS監査計画
・ケーススタディ1
(3日目)9:00~20:00
■EMS監査技法とジョンソン・メソッド ■環境法規 ■ISO19011の使い方
■ボードワーク(規格の実践理解) ■監査報告書作成トレーニング
■是正処置要求書の出来栄え評価・レビュー ■ケーススタディ2
■宿題/EMS監査報告書作成エクササイズ
(4日目)9:00~20:00
■ボードワーク(14001応用理解) ■LCA ■ISO14004の使い方
■審査員登録機関申請手続きの概要 ■監査報告書作成レビュー
■監査指摘事項、フォローアップ ■日本の環境保全関連法令及び条例
■環境影響と環境パフォーマンス ■EMS監査報告書の作成
(5日目)9:00~16:00
■審査登録機関申請手続きの概要 ■クリティーク(講評)
■修了筆記試験(2時間)※IRCA対応 ■まとめ
受講料: ¥210,000(消費税別、昼食費込)
開催時間: 通学5日間/約40時間 (熱海合宿4泊5日)
開催場所: 東京(LMJ東京研修センター)
熱海(パサニアクラブ/その他リゾートホテル)
2020年
開催日程
日程からオンライン申込みができます!
東京:9月14日-18日12月9日-11日・17-18日
熱海:


ISO14001規格解釈コース(1日間)
【コース概要】
このコースは「ISO14001 の認証取得を目指す」、「運用中のマネジメントシステムの維持・向上をご担当している」、「マネジメントシステム設計を担う」方々に最適のコースです。
規格解釈コースにおいては、ISO14001 制定の背景と目的及びISO14001 規格要求事項を解説差し上げると共に、「用語の定義」、「適用範囲」、「リスク管理」、「パフォーマンス評価」の考え方、並びにアプローチ手法についてご案内いたします。
2 日目には、環境マネジメントシステムの実施に必須な内部環境監査の技法の習得に焦点をあて、監査計画の立案、監査の実施及び報告に関する技法を講義・ワークショップを通じて修得するものです。
研修経験豊富な講師陣が、皆様の抱えている問題点や疑問点について、実践的な解決策を見出す好機として利用できます。

受講対象:認証取得を計画されている企業のご担当者又は全社員

ISO14001規格解釈コース(1日間)
コース構成
  • 環境マネジメントシステム
  • ISO14001 規格解釈
開催時間: 10:00~17:00
開催場所: ご指定の場所
その他: テキスト、修了証書代含
開催日程 講師派遣のみ対応



ISO14001内部監査員コース(2日間)
【コース概要】
このコースは「ISO14001 の認証取得を目指す」、「運用中のマネジメントシステムの維持・向上をご担当している」、「マネジメントシステム設計を担う」方々に最適のコースです。
規格解釈コースにおいては、ISO14001 制定の背景と目的及びISO14001 規格要求事項を解説差し上げると共に、「用語の定義」、「適用範囲」、「リスク管理」、「パフォーマンス評価」の考え方、並びにアプローチ手法についてご案内いたします。
2 日目には、環境マネジメントシステムの実施に必須な内部環境監査の技法の習得に焦点をあて、監査計画の立案、監査の実施及び報告に関する技法を講義・ワークショップを通じて修得するものです。
研修経験豊富な講師陣が、皆様の抱えている問題点や疑問点について、実践的な解決策を見出す好機として利用できます。

受講対象:認証取得を計画されている企業および認証取得後での内部監査員候補者

ISO14001内部監査員研修コース(2日間)
コース構成
  • 環境マネジメントシステム
  • 現場環境の認識
  • EMS内部監査の構成-計画と準備、実施
  • チェックリストの作成
  • 監査所見・結論、報告及びフォローアップ
  • 監査結果についてのグループ討議
開催時間: 10:00~17:00
開催場所: ご指定の場所
その他: テキスト、修了証書代含
開催日程 講師派遣のみ対応



環境関連法規制コース(1日間)
【コース概要】
環境法規制情報収集・順守すべき法規制特定の担当者必須!

ISO14001では、環境関連法規制等を特定するシステム作りが要求事項になっています。

本コースでは、環境マネジメントシステムにおける環境関連法規制の調査、順守すべき法規制等の特定及び環境側面の変更、環境法規制等の変更に対し、順守を確実にするシステムの維持方法を具体的に紹介します。

受講対象:ISO14001導入スタッフ、環境法規制調査担当者、環境内部監査員、環境管理責任者

環境関連法規制コース(1日間コース)
コース構成
  • ISO14001と環境関連法規制等の関係
  • 順法性の定期評価とは
  • 環境側面に適用される環境法規制等の特定法
  • 順法性の定期評価事例
  • 環境関連法の紹介(最新の法規情報の解説)
開催時間: 10:00~17:00
開催場所: ご指定の場所
その他: 1日間通学制、テキスト、修了証書代含、講師派遣有
開催日程 講師派遣のみ対応





PAGE TOP